XL-PSME55L
(出所:エクソル)
[画像のクリックで拡大表示]

 エクソル(京都市)は10月17日、4回路を入力できる住宅太陽光発電システム用パワーコンディショナー(PCS)「XL-PSME55L」の販売を開始すると発表した。設置レイアウトの自由度が高く、屋根スペースを最大限に活用して太陽光パネルを設置できるという。変換効率は96%。希望小売価格は52万8000円(税別)。

 自動昇圧機能により、屋根面(回路)ごとに太陽光パネルの枚数を揃える必要がなく、自由に設置枚数をレイアウトできる。従来の機種では、屋根にスペースがあっても屋根面(回路)ごとにパネルの枚数(合計出力)を揃える必要があった。

 騒音レベルは33dB以下と、「人のささやき声」程度に抑えた。環境基本法に基づく環境基準で「療養施設、社会福祉施設などが集まる特に静音でなければならない地域」(AA)の基準値(昼間50dB以下、夜間40dB以下)を下回る。

 入力回路数は4回路、定格出力は5.5kW、定格出力電圧はAC202V。連系保護機能や出力制御機能を備える。屋内外設置兼用型で塩害仕様の構造を採用し、海岸から50m以内または海水の直接かかる重塩害地域以外であれば設置できる。本体寸法は630×225×400mm、重さは32.7kg。