PVS980
(出所:ABB)
[画像のクリックで拡大表示]

 ABB(東京都品川区)は、国内のメガソーラー(大規模太陽光発電所)向け直流1500V対応の大容量パワーコンディショナー(PCS)「PVS980」を10月23日に販売開始した。系統連系を最適化させるサブ変電機器も合わせてパッケージで提供する。

 あらかじめ最適化されたサブ変電機器を併用することで、数MWクラスのメガソーラーでもプラグ&プレイ方式で機器を接続できるため、短時間で確実に系統に連系できる。また、夜間に直流入力側を切り離して無効電力を供給するなど、有効電力/無効電力を制御し、電力系統の安定化をサポートする機能を標準装備した。

 極端に過酷な温度・湿度条件でも安定稼働する循環式冷却システムを採用した。冷媒の相転移およびヒートパイプ技術を用いることで電気回路部を外気から隔離し、腐食性外気や砂埃の侵入による機器損傷のリスクを低減した。ポンプやバルブなどの動的部品がなく、冷媒の補充や液漏れも起きないためメンテナンス性にも優れるという。

 直流入力電圧は最大1500V。定格出力1939kWの「PVS980-58-1818kVA-I」、2036kWの「PVS980-58-1909kVA-J」、2133kWの「PVS980-58-2000kVA-K」の3モデルをラインアップした。