実証試験の概要
(出所:NEDO)
[画像のクリックで拡大表示]

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と日本気象協会は、ドローン向け気象情報提供のデータ連携と、ドローンによる気象観測の実証試験を、福島県南相馬市の福島浜通りロボット実証区域で実施する。

 気象観測や予測のデータは、日本無人機運行管理コンソーシアム(JUTM)が主催する「2017年度JUTM福島社会実証:人とドローンが共生する未来社会の実現に向けて」に参加する17事業者に提供する。期間は10月24日から26日の3日間。

 NEDOは、「ロボット・ドローンが活躍する省エネ社会の実現プロジェクト」に取り組んでおり、今回の実証試験もその一環。ドローン活用を物流・インフラ点検・災害対応などの分野で進めるには、ドローンの安全飛行を妨げる突風や豪雨、雷、霧などの気象現象を、詳細かつ正確に把握し、予測することが重要となる。

 同プロジェクトでは、物流・インフラ点検・災害対応などの分野で活用できる無人航空機やロボットを開発するとともに、社会実装のためのシステム構築や飛行試験などを行う。また、日本気象協会はドローン運航管理システム向けの総合気象情報の提供に取り組んでおり、ドローン向け気象情報を「把握」「予測」「提供」する技術を開発している。

 今回の実証試験では、ドローン離発着場での地上気象観測とドップラーライダーで上空(高度50~150m)の風を観測し、観測データと実証エリア付近の気象予測をドローン運航者やドローン航空管制事業者に提供するとともに、ドローン運航管理システムとのデータ連携を試験する。

 天気予報、台風、地震、津波、雨、風、雷、竜巻などの気象情報を閲覧可能なPCを設置し、ドローン向けの気象情報のニーズの把握や課題を確認する。さらに、気象センサーを搭載したドローンを飛行させて、高度50m、100m、140mの気象を観測する。観測結果は、ドップラーライダーの観測と比較して精度を検証し、今後の開発に役立てる。

 今回の実証試験で得られた知見を基に、ドローン向け総合気象情報の提供機能を開発し、ドローンの活用と安全で効率的なドローン運航を目指す。なお、ロボット・ドローンが活躍する省エネ社会の実現プロジェクトの期間は2017~2021年度の5年間。2017年度の予算は33億円。