O&Mサービスの運用イメージ
(出所:エコリンクス)
[画像のクリックで拡大表示]
O&Mのサービスプラン
(出所:エコリンクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 エコリンクス(京都府木津川市)は10月11日、低圧太陽光発電所向けO&M(運用・保守)サービスの総合パッケージ「SolarLinx」を販売すると発表した。発電監視・定期点検・緊急応動・故障対応・売電補償の5つのメンテナンスサービスをパッケージ化した。

 今年4月に施行された改正FIT法では、保守・点検および維持・管理計画の策定、体制の構築が義務化された。適正に行わない場合は認定が取り消される可能性があり、適切な保守点検・メンテナンスを実施する必要性が増したことから、低圧向けメンテナンスパッケージを用意した。

 4800カ所の有人発電監視の実績とノウハウを基に、システムが検知した異常を専任者が設備や周辺環境を踏まえた上で切り分けを行い、高精度に異常を報告するという。独自の点検アプリケーションを活用し、業務の標準化と点検の履歴を管理し、高品質な点検を実施するとしている。点検履歴情報は、売却時などの付加価値販売に活用できる。

 有人発電監視で発見した異常は、早期に現地に駆け付け、原因を特定する。補償、機械的な故障や電気的な故障のほか、盗難補償や最大1カ月間の売電相当額の補償にも対応する。導入費用は、初期費用が3万円(システム導入費用および設置費用は含まれない)、月額費用は9800円から。