富士通研究所と中国・富士通研究開発中心有限公司(FRDC)は2016年10月18日、画像処理と機械学習の技術を活用し、道路交通の監視映像を解析して渋滞や事故、交通違反などの状況を高精度かつリアルタイムで認識する技術を開発したと発表した。同技術の実証実験を中国国内の都市で清華大学蘇州自動車研究院(TSARI)と共同実施した結果、交通事故や違反など把握したい11事象について90~95%の認識精度を達成した。

ここからは会員の登録が必要です。