千葉工業大学は2016年10月11日、産業技術総合研究所(産総研)および物質・材料研究機構(NIMS)と共同で、白金ナノギャップ構造を利用して600℃でも動作する不揮発性メモリー素子を開発したと発表した。高温環境下でのメモリーやセンサー、例えばフライトレコーダーや惑星探査機などへの応用が期待される。

ここからは会員の登録が必要です。