奥州万年の森メガソーラー太陽光発電所
(出所:NTTファシリティーズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTファシリティーズ(東京都港区)は、岩手県奥州市に出力17.7584MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「奥州万年の森メガソーラー太陽光発電所」を建設し、10月5日に竣工式を実施したと発表した。同社において76カ所目の太陽光発電事業用サイトとなる。

 太陽光パネルは中国サンテックパワー製、パワーコンディショナー(PCS)は日立製作所製を採用した。年間発電量は、一般家庭約4800世帯分に相当する約1万7210MWhを見込む。東北電力に売電する。売電単価は36円/kWh。

 EPC(設計・調達・施工)サービスはNTTファシリティーズが担当した。発電事業の主体は、NTTファシリティーズ100%子会社の奥州万年の森ソーラー合同会社(岩手県奥州市)となる。8月1日から発電を開始した。