ホンダは2017年10月4日、国内の四輪車の生産体制を見直すと発表した。狭山工場の完成車ラインを寄居工場に集約し、国内の生産能力を現在の106万台から81万台に減らす。

ここからは会員の登録が必要です。