アイ・オー・データ機器は2016年10月5日、sMedioのソフトウエア技術協力のもと、ネットワークカメラやセンサーデバイスなど、さまざまな無線通信規格に準拠したIP系、非IP系の入出力機器を束ね、各クラウドサービスへデータ出力する「IoTゲートウェイボックス」を開発すると発表した。2017年の市場投入を目指す。

ここからは会員の登録が必要です。