チリの太陽光発電所「Marchigüe」
(出所:ユーラスエナジーホールディングス)
[画像のクリックで拡大表示]

 ユーラスエナジーグループは9月19日、スペインの風力・太陽光発電事業者であるGrenergyグループが保有するチリの太陽光発電所2カ所を譲り受けたと発表した。合計出力18MWとなる。

 これにより、ユーラスエナジーグループは南米で2カ国、世界では12カ国で事業展開することになる。

 今回譲渡を受けたのは、チリの首都サンティアゴから南西140kmのO'higgins(オイギンス)州にある「La Esperanza(ラ・エスぺランサ)」と「Marchigüe(マルチグエ)」発電所。連系出力は各9MW。発電した電力は同国の卸電力市場に売電する。2017年5月から運転を開始した。

 チリは、経済成長による電力需要の伸びが今後も期待される。また、再生可能エネルギーの導入に積極的で、発電電力量に占める再エネの割合を2050年までに70%にするという目標を掲げている。さらに、日本の2倍強と世界でも有数の日射量を持つ。

 同社グループでは、今回の発電所の取得を足がかりに、チリにおけるさらなる事業展開を進めていくとしている。