「DPL岡山早島」
「DPL岡山早島」
[画像のクリックで拡大表示]

 大和ハウス工業は9月25日、岡山県早島町にマルチテナント型物流施設「DPL岡山早島」を竣工し、10月1日から本格稼働すると発表した。同施設では、600kWの太陽光発電システムを設置する予定で、2018年1月に着工し、同年3月末に竣工する。

 鉄骨造および鉄筋コンクリート造の地上2階建てで、延床面積は1万3448.0m2。山陽自動車道と瀬戸中央自動車道の早島インターチェンジから約1.5kmに位置しており、中国・四国地域のほか関西、北陸、九州地域にも容易にアクセスできる。テナント企業に家電量販店や物流企業が入居し、満室稼働となる。

 また同社は、「DPL岡山早島II」(延床面積1万6750.0m2)を現在建設中で、11月から本格稼働する。さらに、DPL岡島早島の隣接地に「DPL岡島早島B棟」(延床面積約1.3万m2)を建設し、2018年秋に竣工させる予定。同社によると、DPL岡山早島IIでも太陽光発電システムの導入を検討するという。