三菱ケミカル(本社東京)は、接着性樹脂「モディック」の新グレードとして、ポリプロピレン(PP)とポリ塩化ビニル(PVC)の接着が可能な樹脂を開発した。共押出成形によるPPとPVCの接着が可能で、両樹脂の特性を兼ね備えた多層フィルムを製造できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!