「JRE七戸太陽光発電所」
(出所:JRE)
[画像のクリックで拡大表示]

 ジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE、東京都港区)は、青森県上北郡七戸町に出力約3MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)の運転を開始し、9月13日に竣工式を開催したと公表した。

 発電所名は「JRE七戸太陽光発電所」で、事業主体はJREグループの合同会社JRE七戸鶴児平となる。七戸町字鶴児平の牧草地だった用地に、太陽光パネル1万472枚を設置し、連系出力は1.99MW、パネル容量は3.089MWとなる。

 年間の予想発電量は約338万kWhを見込み、これは約939世帯分の年間消費電力量に相当する。CO2削減量は年間に約1880t。東北電力に売電する。売電単価は非公表。

 設計・施工は、サンワコムシスエンジニアリングが担当し、太陽光パネルはLS産電製、パワーコンディショナー(PCS)はダイヘン製を採用した。

 青森県内で同社が運転している発電所は、8月1日に運転開始した「六戸ソーラーパーク」に続き3カ所目となる。

 このほか、JREは9月1日に福岡県北九州市に「響灘ウインドエナジーリサーチパーク」(パネル容量約3MW)、 8月24日に三重県南伊勢町に「JRE神津佐太陽光発電所」(パネル容量8.971MW)を運転開始している。

 「JRE神津佐太陽光発電所」は、リゾート施設の開発跡地に建設した。連系出力6.6MW、年間予想発電量は約1103万kWh。中部電力に売電し、売電単価は非公表。設計・施工は日立製作所が担い、パネルはLGエレクトロニクス製、PCSは日立製作所製を採用した。

 JREによると、9月15日現在、運転中の太陽光発電所は全国で31カ所、風力発電所を含めると33カ所となる。