スマートフォンのカメラで野菜や果物を撮影すると、その味覚や栄養素を推定できるアプリが登場した。農産物を扱う福島県の企業マクタ アメニティが開発した。農家、流通業者、一般消費者など、幅広いユーザーに向けて2018年4月以降に製品化する。

ここからは会員の登録が必要です。