チューリッヒ州電力が既に導入した大型蓄電池システム
(出所:チューリッヒ州電力・Elektrizitätswerke des Kantons Zürich)
[画像のクリックで拡大表示]

 NECおよびエネルギー関連子会社の米NEC Energy Solutions社は9月8日、スイスの大手配電会社であるチューリッヒ州電力(EKZ:Elektrizitätswerke des Kantons Zürich)から、同国で最大規模となる大型蓄電システム(GSS:Grid Storage Solution)構築プロジェクトを受注したと発表した。

 EKZ社は、同システムを用いて電力系統における周波数や電圧などの電力品質を維持するアンシラリーサービス市場において、周波数の乱れを検知して障害が発生する前に蓄電システムから充放電を行って周波数の安定を維持する「周波数調整サービス」を提供する予定。

 システム規模は、出力18MW、容量7.5MWhで、チューリッヒ近郊Volketswil(フォルケッツヴィール)の変電所に設置する。NEC Energy Solutions社としては、スイスで初めての受注となる。稼働開始は2018年1〜3月の予定。

 NECと米NEC Energy Solutions社は今年3月にも、英VLC Energy社との間で合計出力50MW規模の大型蓄電池システムの構築・運用に関する契約を締結したと発表していた。再生可能エネルギーの大量導入に対応し、英国内における電力系統の安定化に活用する。