鉄道総合技術研究所(軌道技術研究部)は、コンクリート製まくらぎに突起を設けることで、軌道工事の工期を40%以上、コンクリート道床の施工コストを60%低減できる「S型弾性まくらぎ直結軌道」を開発した。2016年末に実際に施工した実績がある。まくらぎの形状は少し複雑になるが、まくらぎに張る緩衝用のゴム(弾性材)の使用量が減るなど、まくらぎの製作コストは高くならないという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!