京都大学と早稲田大学、岡山大学、金沢大学らの研究グループは、プラント整備の配管内における日常点検や、緊急時の点検を目的とした索状(ヘビ型)ロボットを開発した。複雑な配管内を走破して内部の状況を正確に提供できるという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!