富士通と富士通研究所は、橋りょうの表面に取り付けたセンサーから振動データを収集して、内部の損傷度合いをAI(人工知能)で推定するセンサーデータの分析技術を開発した。内部の歪み発生を検知することで損傷初期の段階で推定ができ、早期対策が可能になるという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!