慶應義塾大学と東北大学、日本原子力研究開発機構らの研究グループは2017年8月18日、銅に音波を注入することで、電子の持つ磁気の流れ「スピン流」を生み出すことに成功したと発表した。磁石や貴金属を必要としない省エネルギーな磁気デバイスの実現が期待される。

ここからは会員の登録が必要です。