「いちご世羅青水ECO発電所」
(出所:いちご)
[画像のクリックで拡大表示]

 アセットマネジメントやクリーンエネルギー事業を手掛けるいちごは8月14日、事業子会社いちごECOエナジー(東京都千代田区)のメガソーラー(大規模太陽光発電所)「いちご世羅青水ECO発電所」が広島県世羅町に稼働したと発表した。

 太陽光のパネル容量は約2.87MW。年間予測発電量は約334万1764kWhで、一般家庭約920世帯分の年間消費電力に相当する。約4万484m2の敷地に太陽光パネル1万848枚を設置した。売電価格は32円/kWh。

 太陽光パネルは中国インリー・グリーンエナジー製、パワーコンディショナー(PCS)は中国ファーウェイ製を採用した。EPC(設計・調達・施工)およびO&M(運用・保守)サービス事業者はJFEプラントエンジ(東京都台東区)となる。

 今回を含めた8月11日時点での同社の稼働済み発電所は32カ所、発電量は合計57.10MW。確定しているプロジェクトを含むと、2019年2月期以降には43カ所、合計128.40MWに達する予定。