富士通研究所(富士通研)は、コンソーシアム型のブロックチェーンのトランザクション(取引)処理を高速化する技術を開発した。この技術は、アプリケーションとブロックチェーン間の通信回数を減らすことで、1回のトランザクション処理に必要な時間を短くする。

ここからは会員の登録が必要です。