国産初の量産電気自動車(EV)トラックがついに産声を上げる――。三菱ふそうトラック・バスは、2017年7月初旬から同社川崎工場にて「eCanter」の生産を開始した。同社が販売する小型トラックの現行「キャンター」をベースに、モーターや電池を搭載して”EV化”した。1回の充電により100km以上の走行を可能にした。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!