Bosch社が、アジア地域で48V電源に対応した自動車部品の販売拡大に力を注ぐ。同電源対応のリチウムイオン電池を中国で量産。アジアで多く走る電動2輪車の48V対応部品を開発した。同社の48V電源対応のパワートレーン部品の成長率は今後、毎年2倍超になると見込む。48V対応部品の量産規模を大きくし、普及の課題であるコストを大幅に下げたい考えだ。

ここからは会員の登録が必要です。