ジャガー・ランドローバー・ジャパンが2017年7月11日から日本で受注を開始した「レンジローバーヴェラール」は、インストルメントパネル(インパネ)とセンターコンソール部分に2個のタッチ機能付き液晶ディスプレーを搭載した。使いやすさを高めるとともに、物理ボタンの数を減らすことで内装のデザインを美しく際立たせる狙いがある

ここからは会員の登録が必要です。