東日本旅客鉄道(JR東日本)は、サービスロボットの開発と導入を加速するため、有限責任事業組合(LLP)「JRE ROBOTICS STATION, LLP」(仮称)を2017年7月14日に設立する。出資するのは、ジェイアール東日本商事ら、JR東日本グループ6社と、セントラル警備保障。

ここからは会員の登録が必要です。