オリンパスは2017年6月29日、先端部にCCDイメージセンサーを2個搭載した3D内視鏡「ENDOEYE 3D 硬性ビデオスコープ」を2017年6月末に国内発売すると発表した。医師が3Dで患部を観察でき、奥行き感の把握が容易になり、より迅速・正確な内視鏡外科手術を可能にする。

ここからは会員の登録が必要です。