日本グリーン電力開発が開発に関わったメガソーラーの例
(出所:日本グリーン電力開発)
[画像のクリックで拡大表示]

 中国の大手太陽光パネルメーカーのジンコソーラーホールディングは6月21日、北海道苫小牧市に開発中の蓄電池併設型のメガソーラー(大規模太陽光発電所)に、出力38.4MW分の太陽光パネルを供給すると発表した(関連ニュース)。

 契約に基づいて、EPC(設計・調達・施工)を担当している富士電機に供給する。2017年7月から11月までの期間で、太陽光パネルを納入する。

 メガソーラーが備える蓄電池の容量は10MWhで、さまざまな出力変動に対応するために使う。

 買取価格は40円/kWh(税抜き)で、2018年中に運転を開始する予定となっている。

 この蓄電池併設メガソーラーには、国内の機関投資家のほか、ドイツの資産運用会社であるアキラ・キャピタル、日本グリーン電力開発(東京都千代田区)が匿名組合出資を通じて資金を提供している。

 アセット・マネジメントは、GIキャピタル・マネジメント(東京都千代田区)が担当する。