韓国の研究機関The Korea Advanced Institute of Science and Technology(KAIST)は、小型かつ超低消費電力の顔認識端末「K-Eye」と「K-EyeQ」を試作した。ユーザーインターフェースのデザイン会社である米UX Factory社との共同開発で、2017年末にも商品化する計画だ。

ここからは会員の登録が必要です。