東北大学や八戸工業高等専門学校らの研究グループは、空気噴射によって瓦礫踏破能力を向上させた索状(ヘビ型)ロボット「空気浮上型能動スコープカメラ」を開発した。この研究は、内閣府 総合科学技術イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジの一環であり、空気噴射で浮上移動するヘビ型ロボットは「世界初」だという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!