千葉エコ・エネルギーが出資・サポートした千葉県匝瑳市のソーラーシェアリング
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)に特化したコンサルティングサービスを提供するエコ・マイファーム(京都市)は5月29日、ソーラーシェアリング設備への営農者マッチングサービスおよび営農サポートサービスを開始すると発表した。

 ソーラーシェアリング導入時の課題として、「営農者の高齢化により営農が継続できない」「耕作放棄地などを再生したいが地域で営農者が見つからずソーラーシェアリングを開始できない」といったケースが増加している。今回、これらの課題を解決するサービスを提供する。

 営農者マッチングサービスは、ソーラーシェアリング設備下の営農者を見つけたい事業者と、事業拡大を目指す農業経営者や農地所有適格法人、新規就農希望者などをマッチングする。また、営農サポートサービスは、太陽光パネル下の営農そのものをエコ・マイファームが直接サポートする。

 エコ・マイファームは、千葉エコ・エネルギー(千葉市)とマイファーム(京都市)が、2017年5月に設立した合弁会社。千葉エコ・エネルギーは、ソーラーシェアリングなど国内800MW以上の再エネ導入コンサルティング実績を持つ(関連記事)。マイファームは、全国5カ所の農業専門学校と110カ所の貸し農園を展開し、農業生産サポートなどを手掛けている。