SIP『革新的燃焼技術』は、ガソリンエンジンの研究拠点を公開した。熱効率で50%に達する“異次元”のガソリンエンジンを研究する。同チームをまとめる杉山雅則氏(トヨタ自動車常務理事)は、「2040年になっても、(自動車の)半数は内燃機関車。SIPで産学一体となって研究し、熱効率50%の高い壁に挑む」と意気込んだ。現時点で、量産しているガソリンエンジンの最高熱効率は40%程度である。

ここからは会員の登録が必要です。