新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は5月28日、太陽光発電の発電コスト低減を目指す開発プロジェクト2事業において、新たな技術開発テーマを採択したと発表した。

 「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」では、4件のテーマを採択した。同事業では、結晶シリコン型太陽電池とCIS型太陽電池について、2020年までに発電コスト14円/kWhを実現するとともに、発電コスト7円/kWhの要素技術の確立について2030年までの開発計画を5年間前倒して2025年までの実現を目指す。

 新採択テーマは「低コスト・高信頼性・高効率Super Si Hetero-junction(SSHJ)太陽電池の開発」(採択予定先:パナソニック)、「Cat-CVDおよびドーピングによるSiヘテロ接合太陽電池の高性能化」(北陸先端科学技術大学)、「高性能キャリア選択性パッシベーティングコンタクトの開発」(産業技術総合研究所)、「低コストヘテロジャンクションバックコンタクト太陽電池の小規模量産実証」(カネカ)。事業期間は2018〜2020年度。

開発する太陽電池セルのイメージ図
(出所:NEDO)
[画像のクリックで拡大表示]

 「太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクト」では、1件のテーマを採択した。同事業では、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)実現のために必要な技術的課題を抽出し、その解決に向けた太陽光発電システムの開発・検証を行う。また、全ての建築物でZEB基準を達成できる太陽光発電の開発シナリオを作成する。

 新たに採択したテーマは「壁面設置太陽光発電システム適用高出力化技術・建築機能評価技術の開発」(採択予定先:カネカ)。建設会社と連携し、壁面斜入射時の太陽光を太陽電池モジュール内に効果的に収集するため、角度特性を改善して発電量を向上させるほか、対荷重や対風圧などの建築機能を評価する。事業期間は2018年度。

壁面設置太陽光発電システムを模擬した建築機能評価イメージ
(出所:NEDO)
[画像のクリックで拡大表示]