• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
ニュース

カザフスタンで63MW、中国企業がメガソーラー建設へ

2018/05/29 18:32
加藤 伸一=日経BP総研 クリーンテックラボ
印刷用ページ
組成依頼書の調印式の様子
(出所:Risen Energy)
クリックすると拡大した画像が開きます

 中国の太陽光パネルメーカーであるRisen Energyは5月24日、カザフスタンにおいて、出力63MWの太陽光発電プロジェクトを開発すると発表した。

 この案件に関して、欧州復興開発銀行(EBRD)と資金調達の組成依頼書(マンデートレター)に調印した。

 今回のプロジェクトでは、カザフスタンのグリーンフィールド(未活用地)にメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設する。9月に着工し、2019年6月に完成する予定としている。稼働後の年間発電量は、10万8719MWhを見込んでいる。

 Risen Energyは、このほかにもカザフスタンにおいて、出力40MWのメガソーラーを開発している。この案件でも、欧州復興開発銀行が資金調達の組成依頼書に調印ずみである。

 同社によると、カザフスタンにおいて、中国企業では初めての太陽光発電所の開発になるとしている。

 中央アジアの旧ソ連の国では、海外から資本や投資家を呼び込み、その資金でインフラを整備し、経済成長を目指す動きが続いている。その一環で、外資系企業による太陽光発電関連への投資案件が相次いでいる。

 南隣りのウズベキスタンでも、外資による太陽光発電プロジェクトの開発がはじまっている(カナダSkyPowerによる開発の関連ニュース)。

  • 記事ランキング