• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
ニュース

元ゴルフ場計画地に8MWのメガソーラー、地域貢献で隣接地に公園整備

2018/05/22 11:47
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ
倉渕発電所
(出所:クリーンエネルギー研究所)
クリックすると拡大した画像が開きます

 クリーンエネルギー研究所は、群馬県高崎市倉渕町の元ゴルフ場計画地にメガソーラー(太陽光発電所)「倉渕発電所」を建設し、このほど発電を開始した。5月19日に付帯設備となる倉渕水沼公園がオープンした。

 ゴルフ場の建設計画が中止となった土地で、旧倉渕村が土地の大半を取得していた。合併後の高崎市から約13haを借り受けて太陽光発電所を設置した。出力は8MWで、太陽光パネルはシャープ製、パワーコンディショナー(PCS)は日立製作所製を採用した。

 付帯設備の倉渕水沼公園は、約104haに総延長約5kmのトレイルランニングコース、天然芝のサッカーグラウンド、サクラの木300本を植樹した「桜の里」などを整備した。クリーンエネルギー研究所が地域貢献として整備し、市に引き渡した。

  • 記事ランキング