ソニーは2017年5月16日、最大で毎秒1000フレームで対象物を検出して追跡できる高速ビジョンセンサー「IMX382」を開発し、2017年10月からサンプル出荷を開始すると発表した。

ここからは会員の登録が必要です。