米Desktop Metal社は、デスクトップサイズの小型と、量産向けの大型の2つの金属3Dプリンターを、米国ピッツバーグで開催中の積層造形(AM)技術の展示会「RADIP+tct」(2017年5月8~11日)に出展した。量産向けの「DM Production System」は、「従来の直接焼結方式の金属3Dプリンターに比べて造形速度は100倍で、かつコストは1/20にできる」(同社)という自信の製品だ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら