NECのコンテナ型蓄電池システム
(出所:NEC、英VLC Energy社との契約時に公表したイメージ図)
[画像のクリックで拡大表示]

 NECは5月9日、エネルギー関連子会社の米NEC Energy Solutions社を通じて、フランスの電力ガス会社ENGIE Groupのチリ子会社ENGIE Energia Chile社から大型Liイオン蓄電システム(GSS:Grid Storage Solution)を受注したと発表した。

 ENGIE Energia Chile社は、チリ北部地域最大の電力会社。今回導入する蓄電システムは、チリ北部アリカ市にあるENGIE Energia Chileが所有する変電所に設置し、2017年中に稼働する予定。NEC Energy Solutions社としては、中南米で3例目の受注となる。

 システム規模は、出力2MW、容量2MWh。太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーと組み合わせた電力供給や、電力網における運転予備力やピークシフトなどのアンシラリ―サービスを提供する予定。

 NECと米NEC Energy Solutions社は今年3月、英VLC Energy社との間で合計出力50MW規模の大型蓄電池システムの構築・運用に関する契約を締結したと発表していた。