米NVIDIA社の車載ボード「DRIVE PX2」を自動運転向けのAI開発に採用する事例が急増している。2017年度第4四半期(2016年11月~2017年1月)には約60件だったのに対し、2018年度第1四半期(2017年2~4月)には約170件と、1四半期で約3倍に増えた。同社が2017年5月8日(米国時間)から開催している開発者会議「GPU Technology Conference(GTC)2017」で発表した。

ここからは会員の登録が必要です。