• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

検査結果を数日後に患者のスマホに、名古屋臨床検査センター

メディカルデータカードの「MeDaCa」を活用

2018/04/27 18:00
増田 克善=日経デジタルヘルス

 かかりつけ医のクリニックで受けた臨床検査の結果を、数日後に患者が自分のスマートフォンなどで参照できる――。こうしたサービスを名古屋医師協同組合 名古屋臨床検査センターが開始した。メディカルデータカードが提供する医療機関向けWebサービス「MeDaCa Pro」と患者向け医療アプリ「MeDaCa」を利用する(関連記事)

サービスの構成図
クリックすると拡大した画像が開きます

 患者は次回の受診を待たずに検査結果を知ることができる他、複数の医療機関の検査結果を一元的に管理できるようになる。急病時などに他の医療機関の医師に検査結果を提示することもできる。一方、かかりつけ医はコメント付きで患者にデータを送付できるため、処方の変更や用量の調整などのために早めの受診勧奨も可能になる。

 サービスの具体的な流れはこうだ。まず、クリニックが採血や採尿した検体は名古屋臨床検査センターが回収する。同センターが測定した検査データはメディカルデータカードの情報システムに送信され、MeDaCa Proを導入している主治医に送付する。

 主治医は検査結果を確認した後、患者のMeDaCaアカウントに直接データを送付する。患者はスマートフォンやパソコンなどでMeDaCaアカウントにアクセスすることで、いつでもどこでも検査結果を確認することが可能になる。患者は、最短で採血の数日後に確認できるという。

 当初は、血液検査、尿検査を対象としてサービスを提供する。今後は対象検査の拡大を検討していくとしている。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング