• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

千葉大とNEC、AIで健康長寿社会づくり

重症化・重度化の防止に向けた共同研究を開始

2018/04/25 16:30
近藤 寿成=スプール
NECのAI技術群「NEC the WISE」の概要
クリックすると拡大した画像が開きます

 千葉大学とNECは、日本老年学的評価研究(JAGES)と連携し、AI技術を活用した保健・医療・介護における重症化・重度化の防止に向けた共同研究を開始した。レセプトデータなどの分析による認知症予防の予測や財政効果測定を実施するなど、地域の政策的な健康増進および医療・介護の給付費適正化などに向けた取り組みへの貢献を目指す。

 JAGESは、健康長寿社会を目指し予防政策の科学的な基盤づくりを目的とした研究である。千葉大学予防医学センター社会予防医学研究部門が中核的機能を果たすとともに、国立長寿医療研究センター、東北大学、東京大学、浜松医科大学、日本福祉大学に事務局機能を分散配置した体制を有する。

 今回の共同研究では、自治体などが保有するレセプトや特定健診の結果などの多種多様なデータを、千葉大学 予防医学センター 教授の近藤克則氏の予防医学による健診・医療・介護のデータ分析の知見と、NECのAI技術群「NEC the WISE」の一つである異種混合学習技術を組み合わせて分析。健康長寿社会づくりに寄与する要因の抽出手法の確立とその有効性を検証する。

 この他、地方公共団体が保有するパーソナルデータの非識別加工を行う実証実験などで実績を有するNECグループの匿名加工製品「NEC データ匿名化ソリューション」を用いて、個人情報保護法や行政機関個人情報保護法等に準拠した安全なデータ活用手法を検証する。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング