インテカー代表で内閣府本府参与(科学技術・IT戦略担当)の斎藤ウィリアム浩幸氏は2016年4月19日、情報セキュリティー分野で攻撃者の種類が最近大きく変わっていると指摘した。かつては若いハッカーが自らの技術を自慢するいたずら目的が多かった。ところが最近、国のスパイが攻撃者になっているという。時間をかけてじっくりと相手を攻撃し、情報を奪い取るものになっている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!