• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

“AI×睡眠”で実証実験、ニューロスペースとKDDI

2018/04/16 18:30
小口 正貴=スプール
KDDIとニューロスペースの実証実験概要
クリックすると拡大した画像が開きます
睡眠解析プラットフォームの概要
クリックすると拡大した画像が開きます

 スリープテック事業を展開するベンチャー企業であるニューロスペースはKDDIと協力し、KDDI社員向けに睡眠改善の実証実験を開始する。ニューロスペースが開発した睡眠解析プラットフォームや睡眠計測デバイス、モバイルアプリなどを活用して睡眠データを計測・解析する。

 ニューロスペースの睡眠解析プラットフォームはAIによる独自解析技術が特徴で、計測データから個人ごとの睡眠解析結果や最適なソリューション、改善データを導き出すという。API連携により各サービスやIoT製品に組み込むことが可能なことから、ニューロスペースでは正式発売に向けて実証を重ねている。今回の実証実験は、2017年9月から2018年2月までの吉野家に続く第2弾。

 今回のKDDIとの取り組みでは計測デバイスとモバイルアプリを対象社員に配布し、約1カ月にわたり睡眠状態の計測と改善状態の提案を実施する。社員の睡眠状態を可視化するとともに、AI睡眠解析プラットフォームの有効性実証とブラッシュアップを行う。

 対象社員はKDDIのホームIoTサービス「au HOME」を活用し、睡眠に適した温度・湿度・照度調整を体験する予定。睡眠の解析結果とあわせ、通信×睡眠の有用性を実証する。さらに結果を踏まえ、KDDIのIoTホームサービスやヘルスケアサービスと組み合わせた新たなサービス創出につなげていきたい構えだ。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング