矢野経済研究所がまとめた量子ドット・ディスプレーの部材に関する市場予測によれば、2017年の同ディスプレーに関連した部材の世界出荷数量は前年に比べ約2.5倍(156.7%増)の77t、シート用バリアフィルムの出荷数量は同2.5倍(150.0%増)の1600万m2に拡大する見通しだ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!