移動式水素ステーション
(出所:ふくしまハイドロサプライ)
[画像のクリックで拡大表示]
FCVへの充填風景
(出所:ふくしまハイドロサプライ)
[画像のクリックで拡大表示]

 福島のガス事業者アポロガスの子会社ふくしまハイドロサプライ(福島市)は、再生可能エネルギーから生成した水素を燃料電池自動車(FCV)に供給する「移動式水素ステーション」を運用開始した。福島市と郡山市の2拠点の間を移動して水素を販売する。3月28日に開所式を行った。

 郡山市にある産業技術総合研究所(産総研)福島再生可能エネルギー研究所(FREA)の太陽光発電や風力発電を用いて製造された水素を充填する。FREAおよび福島市の再エネ施設「ふくしまさいえねパーク」で営業する。

 水素の積載量は、FCV3台分を満充填できる15kg。1回の満充填(水素5kg)で走れる航続距離は約750km程度であることから、水素の価格は1kgあたり1300円とガソリン車とほぼ同等となる価格帯に設定した。当面は水・木曜日はFREAで、火・金曜日はふくしまさいえねパークで販売する。

 事業費は3億2000万円。うち2億5000万円は国や県からの補助金で賄った。商用の水素ステーションは、福島県内では初めてとなる。同県では、2040年にエネルギー需要の40%を再生可能エネルギーで賄うことを目標としている。

 福島県内では、郡山市が、市のリースしたFCV向けに市役所前に水素ステーションを設置し、太陽光の電力を活用して水素を製造して、FCVに充填している(関連記事)。