京都大学、米ミシガン大学、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学らの国際共同研究チームは2017年3月27日、日本の人と北米の人では、思考や推論といった高次の認知だけでなく、基礎的な視覚処理もその人が属する文化による影響を受けていることを明らかにしたと発表した。異なる文化間でモノの見方や注意の向け方が異なることを実証したという。

ここからは会員の登録が必要です。