金沢大学と日立製作所は2017年3月16日、自動運転機器の誤作動の原因となる電磁ノイズの発生源を特定できる小型センサーを開発したと発表した。複数のアンテナを組み合わせた構造により、経年劣化が進んだ機器から発生する低周波数帯域の電磁ノイズの方向を高精度に検知し、その発生源を正確に特定できる。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!