• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

診療所向けクラウド電子カルテ普及へ、3社が資本提携

クリニカル・プラットフォーム、エムティーアイ、メディパル

2018/03/16 11:15
増田 克善=日経デジタルヘルス

 診療所向けクラウド電子カルテ「CLIPLA」を提供するクリニカル・プラットフォームは、エムティーアイとメディパルを引受先とする第三者割当増資を実施する。この資本提携により、診療所向けクラウド電子カルテの普及促進に向けた協業を推進していく。

 クリニカル・プラットフォームとエムティーアイは、既に2017年4月に資本提携を行っている。エムティーアイは今回、第三者割当増資を引き受けるとともに、クリニカル・プラットフォームの既存株主から株式を譲り受ける。これにより、エムティーアイのクリニカル・プラットフォームへの出資比率は50.86%となる予定。

 メディパルとエムティーアイも、医療・ヘルスケア領域のIT化を普及・促進するために2016年6月に資本業務提携を行っている。その一環として今回、メディパルはエムティーアイとともにクリプラの第三者割当増資を引き受ける。メディパルのクリニカル・プラットフォームへの出資比率は10.14%となる予定である。

 今回の資本提携を契機に、クリニカル・プラットフォームのクラウド電子カルテの開発力、エムティーアイの開発力・マーケティング力、メディパルの営業力を組み合わせた3社による協業を推進していく。3社は診療所向けクラウド電子カルテ市場は今後の急成長が期待できる分野とみており、その普及促進を目指す(関連記事:クラウド電子カルテ、診療所にじわり浸透)。

 将来的には、クラウド電子カルテを通じて、ICTや医療・ヘルスケアデータなどを活用した診療所向けの新たな付加価値サービスを提供していくことを想定している。3社の強みを活用した協力関係を基に、医療・ヘルスケア領域のIT化を実現し、ステークホルダーにとって価値あるサービスを提供していくという。

ピックアップPR

もっと見る

記事ランキング