カワサキ忠岡南発電所
(出所:カワサキ)
[画像のクリックで拡大表示]

 服飾事業などを手掛けるカワサキ(大阪府忠岡町)は、大阪府忠岡町にある倉庫の屋根上に出力451kWの太陽光発電設備「カワサキ忠岡南発電所」を設置し、3月9日に稼働を開始した。

 同社の賃貸・倉庫事業における太陽光発電設備は、2月から稼働する「カワサキちきり発電所」(大阪府岸和田市)に続く2カ所目となる。

 カワサキ忠岡南倉庫A・B棟建屋の屋上に1640枚の太陽光パネルを設置した。年間発電量は45万7169kWhを見込む。発電した電力は関西電力に全量売電する。

 総工費は6000万円となる。太陽光パネルとパワーコンディショナー(PCS)は中国メーカー製を採用したという。

 同社は、今後も引き続き所有する建屋の屋根を活用して太陽光発電設備を設置していく予定としている。4月に「カワサキ能勢発電所」(大阪府豊能郡、出力489.5kW、予想年間発電量45万9464kWh)、7月に「カワサキちきり第二発電所」(大阪府岸和田市、出力632.5kW、予想年間発電量64万1151kWh)の稼働を開始する。