ごみ処理発電施設と分別処理施設
(出所:四條畷市交野市清掃施設組合)
[画像のクリックで拡大表示]

 川崎重工業は3月7日、金剛生駒紀泉国定公園内(大阪府交野市)にごみ処理発電施設と分別処理施設を設計・施工し、発注者である四條畷市交野市清掃施設組合(四交クリーンセンター)に納入したと発表した。

 ごみ処理発電施設は、独自のストーカ式並行流焼却炉に、ろ過式集じん器(バグフィルター)や触媒脱硝装置などの排ガス処理システムを設置し、ダイオキシン類やCO(一酸化炭素)などの有害物質や排ガスを低減した。

 また、ストーカ式並行流焼却炉に高温高圧ボイラーと抽気復水式蒸気タービンを組み合わせて発電し、施設内の電力を補うとともに余剰電力を売電する。一日あたり125tのごみを処理可能で、最大出力は3.1MWとなる。

 分別処理施設は、粗大ごみと資源ごみを破砕した後、鉄やアルミ、可燃物に分別する。分別した鉄やアルミは原料として再資源化でき、可燃物はごみ焼却施設で処理する。処理量は1日あたり23t(粗大ごみ・不燃粗ごみ16t/5h、缶・びん7t/5h)。

 施設の屋根上には出力120kWの太陽光パネルを設置。発電した電力は全量売電する。太陽光パネルは東芝製、パワーコンディショナー(PCS)は安川電機製を採用した。2月1日から運転開始した。