米Arteris社は、SoCのタイミングクロージャーの早期化を狙った新たなEDAツール「PIANO 2.0」を発表した。同社のオンチップインターコネクトIPを物理情報を使って最適化するツールで、出力はフィジカル(物理)合成を最適動作させるための情報である。

ここからは会員の登録が必要です。